出会い系ニュース解説

  このエントリーをはてなブックマークに追加

ハッピーメールの社長が、売春防止法違反幇助の疑いで逮捕されるとの報道

国内最大級の出会い系サイト「ハッピーメール」の社長が、売春防止法違反幇助の疑いで逮捕されたとの、報道が出ています。

 

売春語「伏せ字」で掲示「*交」「お*づかい」…

会員800万人の出会い系サイト運営会社ハッピーメール社長を逮捕


産経WEST 2015.11.30 11:15 より引用

 

ハッピーメール社長逮捕

国内最大級の出会い系サイト「ハッピーメール」の掲示板で売春に利用する書き込みの一部を伏せ字にして客の勧誘を助けたとして、京都府警は30日、売春防止法違反幇助の疑いで、サイトを運営する「アイベック」社長、板井康弘容疑者(42)=福岡市中央区=と社員の男2人を逮捕した。府警によると、板井容疑者は「伏せ字にすれば大丈夫と思った」と供述しているという。

 

 逮捕容疑は、共謀し、平成26年10月10日から27年9月13日、サイトの掲示板に売春を示す隠語の一部を「*」などの表現に変換し、サイトが売春に利用されていることを知りながら、売春クラブの経営者(27)や女性(40)が買春客を勧誘するのを幇助したとしている。

 

 府警によると、ハッピーメールは12年9月に開設。会員数は約800万人とされ、26年度の売り上げは約36億円にのぼるという。掲示板は、「*交」や「お*づかい」などと、売春を示す隠語の一部を伏せ字にしていた。

 

 今年4月、府警が児童買春・ポルノ禁止法違反容疑などで、大津市の認定こども園の園長や売春クラブ経営者の男らを逮捕した事件を捜査する過程で発覚。府警は、サイトが売春の温床になっていたとみて、実態を詳しく調べる。 

 

 

事件のポイントは次のとおりです。

 

  1. 別件で、ある売春クラブについて捜査をすすめていたところ、ハッピーメールのサイト内で、客の勧誘を行っていたことが発覚
  2.  

  3. 売春クラブは、ハッピーメールの掲示板で、「援交」や「おこづかい」等の売春を表す隠語を使って、客の勧誘を行う。
  4.  

  5. ハッピーメールは、売春クラブの書き込み「援交」や「おこづかい」を、「*交」や「お*づかい」など一部を「*」などの表現に変換し伏字としたが、書き込み自体の削除は行わなかった

    ※書き込み自体の削除は行わなかったということは、業者のID削除を行っていないということ

  6.  

  7. ハッピーメールは「伏せ字にすれば大丈夫と思った」との認識
  8.  

  9. 京都府警は、伏字のままでも売春を示す隠語と認識できる ⇒ ハッピーメールは、売春クラブが買春客を勧誘するのを手助けしたと認定。
  10.  

  11. 売春防止法違反幇助の疑いで、ハッピーメールの社長を逮捕

当サイトがハッピメールをおすすめしていない理由:
ハッピーメールとワクワクメール、PCMAXの違い

ハッピメールは、ワクワクメールPCMAXとならんで、国内最大級といわれている出会い系サイトです。ハッピメール、ワクワクメール、PCMAXの3サイトを三大出会い系サイトを呼ぶこともあります。
そのため、出会い系のレビューサイトでは、ハッピメール、ワクワクメール、PCMAXの3サイトをおすすめの上位にあげることが多いです。

 

もっとも、当サイトでは、ハッピメールは初心者におすすめできないとして、低めに評価しています。

ハッピーメールの評価についてはこちら

 

誘導業者

ハッピメールが、ワクワクメール・PCMAXと違う点は、「誘導業者」に対するスタンスです。

ワクワクメールとPCMAXは、「誘導業者」を排除しようと、見つけ次第、IDを削除することを徹底しています。対して、ハッピメールは、「誘導業者」への対応が甘い傾向があります。
ワクワクメールとPCMAXの場合は、「援交」や「おこづかい」等の売春を表す隠語が引っかかれば、ID削除の対象となります。しかし、ハッピメールでは、隠語の一部を伏字にこそせよ、IDを削除しようとはしない、「誘導業者」に大変甘い対応をしています。

 

なお、「誘導業者」とは、出会い系サイトに入り込んで、自己の風俗店やデリヘルに客を誘導しようとする業者のことです。出会い系サイト中で、いわるゆる「客引き行為」を行っている業者です。中には、売春防止法に触れるような非合法なことを斡旋する売春クラブのような業者も存在しており、放置すれば売春の温床となる危険があるものです。

「誘導業者」についての詳しい説明はこちら

 

売春クラブは、男性が多く集まる出会い系に「誘導業者」として入り込んでいます。ですから、捜査対象の当該売春クラブは、ハッピメールだけでなく、ワクワクメールにもPCMAXにも、「誘導業者」として入り込んでいたはずです。しかし、京都府警がハッピメールだけを逮捕したのは、ワクワクメールとPCMAXは「誘導業者」を積極的に排除していたが、ハッピメールは排除していなかったからだと思われます。
出会い系サイトに精通している、管理人からすれば、京都府警の判断は妥当かなとも思われます。

 

 

同様に、当サイトがハッピメールをおすすめできないとしている理由は、ハッピメールでは「誘導業者」が排除されていないため、初心者が純粋に女性との出会いを楽しむには、敷居が高くなっているためです。

ハッピーメールの評価についてはこちら

 

お金を払って、女性と関係したい・・・援助交際の相手を探すための場と割り切れば、ハッピメールは最適なサイトなのかもしれません。しかし、男女の関係に金銭の授受をからめると売春法に触れて、違法性を帯びてしまいます。
当サイトの設立趣旨は、金銭によらずに、法的に何ら問題なく、素人の女性と大人の関係になる方法を提示することです。初心者が、無料で、健全に、素人の女性と大人の関係になる方法を伝授する・・・これが当サイトの目的です。
つまり、当サイトの目的からすれば、ハッピメールはおすすめすべきサイトでではないのです。

なぜ、ハッピーメールは売春クラブを排除しなかったのか?

なぜ、ハッピーメールは売春クラブを排除しなかったのでしょうか。何も、ハッピーメールが売春クラブと裏でつながっていた訳ではありません。
出会い系サイトの儲けのビジネスモデルを考えると、なぜハッピーメールが売春クラブを排除しなかったのか、答えが見えてきます。

 

出会い系サイトで儲けるためのビジネスモデルは次の3パターンがありえます。

 

  1. 優良出会い系型

    女性は無料なのが、男性から課金することで、儲けるビジネスモデル。
    実際に女性に出会えなければ男性会員を継続的集客ができないので、年間十数億円の広告費を使って、女性を集客して、男性に出会いの場を提供する。逆に言えば、年間十数億円の広告費を使うだけの資金力がなければ成立しないビジネスモデル
    PCMAXやワクワクメールが優良出会い系型の代表例

    優良出会い系型のサイトの紹介はこちら

  2.  

  3. 援助交際支援型

    多くの広告費がつかえないため女性が集客できないかわりに、援助交際を求める男女のマッチングの場として機能している出会い系サイト。
    売春クラブのようなプロ組織から、人妻のおこずかい稼ぎのようなセミプロ素人の女性が集まっている。男性からすれば、風俗よりも格安でヤレるメリットはあるので、愛用する人も多い
    もっとも、実際には、純粋な援助交際支援型というよりも優良出会い系型と援助交際支援型の融合形態が多い。
    ハッピーメールや準大手のイイクル、YYC、ラブサーチなどが、融合形の代表例

  4.  

  5. 出会い系悪質サイト型

    ひたすら男性会員を募集し、男性のスケベ心を刺激して、課金させる。
    女性向けの広告宣伝は一切行わず、ほとんど女性会員は存在していない。そのわかり、サイトがやとったサクラが、女性会員のふりをして、男性会員の相手をする詐欺サイト
    出会い系悪質サイト型に登録しても、女性と出会うことができず「出会えないサイト」と呼ばれたりもします。10万サイト以上ともいわれる大多数の出会い系はこの部類にはいります。

    出会い系悪質サイトの詳しい説明はこちら

    サクラについての詳しい説明はこちら

 

ハッピーメールは、援助交際支援型の要素のある出会い系サイトでした。そのため、男性会員の中に援助交際をする女性とのマッチングを求める土壌がありました。そのため、違法な売春グラブ関係者のIDを削除しなかったり、売春グラブ関係者の書き込みを見逃したり、売春の隠語を完全には削除しないことに、会社としてのメリットがあったものと思われます。

 

もっとも、ハッピーメールのそういう脇の甘い対応が、グレーゾーンから限りなく黒に近い方向に行く結果となり、売春防止法違反幇助として逮捕・報道されることにつながったのだと思われます。

ハッピーメール社長逮捕の報道が、出会い系業界の今後にどのような影響を与えるのか?

ハッピーメール社長逮捕の報道が、出会い系業界に与えた衝撃は大きかったものと思われます。
出会い系業界には、組織的な売春組織に加担するのは違法性があり問題があるが、素人の男女が金銭のやり取りをして性的関係をもつのは、個人間のプライベートの問題であり、出会い系サイト団体としては関知しないとの立場をとっていたようなふしがありました。
たとえば、ハッピーメールやイイクル、YYC、ラブサーチなどでは、売春関連の隠語である「ワリ」「条件」という言葉が飛び交っていますが、なにも規制されていません。「ワリ」というのは「割り切った関係」ということで素人女性が金銭のやり取りをして性的関係をもつことの隠語です。「条件」といのは、性的関係をもつことの金額の「条件」という意味で、これも援助交際の隠語です。ハッピーメールなどでは、事実上、素人が個人的に金銭のやり取りをして性的関係をもつことを黙認しているということです。

 

しかし、素人であっても、不特定の男女が金銭のやり取りをして性的関係をもつことは、売春防止法に触れる違法な行為です。見つかれば処罰の対象となります。安いからといって、出会い系で安易にお金のやり取りをしたら、逮捕される危険性があるということです。
つまり、当サイトが、無料で素人女性や人妻と関係するノウハウを公開しているのは、違法にならない健全な大人の関係を広めようという趣旨でもあるのです。

 

ハッピーメール社長逮捕の報道を受けて、出会い系業界は意識改革が求められることになります。
売春組織の手助けするようなことができないのは当たり前として、個人間での援助交際もタブーとなるでしょう。今後は援助交際が目的の男女会員は次々と削除されていくことでしょう。もし出会い系サイトが自主規制をしなければ、出会い系サイト自体が売春防止法違反幇助として責任を問われることになるからです。

 

大手3社のうちハッピーメールは、しばらく大混乱が続くと可能性が高いです。対応を誤れば、会員の大流出も避けられないかもしれません。

 

他の大手2社であるPCMAXとワクワクメールは、優良出会い系型のビジネスモデルをよりいっそう進めていくことになると思われます。そのため、PCMAXとワクワクメールは、ユーザーにとって、より良心的で、より出会いやすいサイトへと生長していくと思われます。

 

PCMAXは、きめこまやかにユーザーにニーズに対応している出会い系サイトで、売春クラブのような誘導業者はユーザーに害を与えるとして徹底的に排除していることで知られています。今回の事件を追い風に、PCMAXは、正統派の男女の出会いの場として急成長していくものと思われます。

正統派の男女の出会いの場 PCMAXの詳しい説明はこちら

 

また、ワクワクメールは企業理念からして「安心感のある出会い系サイト」を目指している老舗であり、今後、出会い系業界におけるワクワクメールの存在意義はいっそう高まると可能性があります。

安心感のある出会い系ワクワクメールの詳しい説明はこちら

 

準大手のイイクル、YYC、ラブサーチなどは苦しくなるかもしれません。会員数も大手3社ほどではなく、優良出会い系型のビジネスモデルを適用しようにも、女性を集める広告費に限りがあるからです。地域限定や年齢層限定のサイトのように、特殊なニーズに特化したニッチを狙った形態にシフトしないかぎり、生き残りは厳しいかもしれません。

 

対して、特殊なニーズに特化したJメール(西日本地区に特化)華の会メール(中高年に特化)のようなニッチ型出会い系は、今後、準大手として存在感をましてくると思われます。

初心者が、無料で、出会い系の女性とヤリまくる環境こそが、重要

賛否はあるかもしれませんが、男女が性的関係をもつこと自体が悪いことなのではありません。それは、あくまでプライベートの問題です。
悪いのは「金銭のやりとり」があることなのです。
衝撃的な「ハッピーメール社長逮捕の報道」でしたが、これを期に、出会い系業界が健全な方向に変化していくことを望みます。初心者が、「健全に」無料で出会い系の女性とヤリまくることできる環境こそが、出会い系業界の発展に必要なのではないでしょうか。

 

ハッピーメール社長逮捕と同じ日に起こった、出会い系会員情報漏えい事件について知りたいなら・・・・

出会い系サイトの会員情報が流出!しかし、どの出会い系から流出したのか公表されない異常事態!へ

【異常事態】出会い系ハッピーメールの会員情報が、振り込め詐欺組織に流出!!しかし、流出が告知されずに、隠蔽か? さらなる被害者が拡大中です。 ハッピーメールのご利用者はご注意ください!!

ハッピーメールの会員情報が、振り込め詐欺組織に流出!へ

 

 

  このエントリーをはてなブックマークに追加

 

サイトTOPへ行くなら…

「出会い系不倫サイトで、人妻とヤリまくって、何が悪い?!」のTOP

 

違法にならずに健全に、無料で出会い系の女性とヤリまくりたいなら…

出会い系サイトおすすめ情報へ

「なぜ、PCMAXだと、初心者でも人妻と出会えるのか」へ

「なぜ、ワクワクメールだと、ウブで清楚な人妻と出会えるのか」へ

 

関連ページ

【隠蔽】ハッピーメール会員情報流出
ハッピーメール会員情報が、詐欺組織に流出した可能性がり、流出された情報が架空請求詐欺に使われているもよう。しかし、ハッピメールからは情報流出についての告知がなく、隠蔽された状況。ハッピーメールの会員は注意が必要です。情報流出した場合の対策についてもお知らせします。
三菱東京UFJから出会系会員情報が流出
三菱東京UFJ銀行から、出会い系サイトの会員情報が流出との報道がありました。しかし、どの出会い系サイトが流出したのか公表されていません。どの出会い系サイトの会員情報が流出したのか、考察します。
出会い系の書き込みが監視
京都府警が、出会い系業者に対して書き込み内容の監視を要請しました。 どうすれば、違法とならずに、素人女性とヤリまくることができるのでしょうか?
女性でも出会い系でサクラに騙される
出会い系でサクラに騙されるのは、男性というのが定番ですが、女性会員がサクラに騙されるという事件が発生しました。
出会い系SNSで恋人を探すのが当たり前に
かつては、出会い系=悪質サイトというイメージが一般的でした。しかし、今では、出会い系などのSNSを介して恋人を探すのが、当たり前となりました。
出会い系強盗
東京・渋谷のホテルで女性が出会い系サイトで知り合った男に現金を奪われた事件で、39歳の無職の男性 島津隆容疑者が逮捕されました。
バレンタインデーの出会い系は美味しい
バレンタインデーが近づくと、出会い系の利用頻度があがるとの調査結果が・・・ バレンタインデーの前後の出会い系は狙い目らしい
AKB前田敦子 出会い系詐欺事件
元AKB48前田敦子さんになりすまして、詐欺出会い系に誘導していた業者が逮捕されました。